2017年9月アーカイブ

墨出し器と聞いてもあまりピンと来ない人は多いと思いますが、最近では、レーザーの墨出し器が一般的でレーザ墨出し器は、電気工事に限らず建築現場では広く使われる機器です。配管などの位置を決める墨出し作業で使用します。配線位置を誤れば大きなトラブルにもつながりかねない墨出し作業を正しく行い、正確な配線を行うとよいです。
【墨出しとは】
墨出しとは、図面に書かれた情報を、作業現場に作図していく作業で、墨出しされた情報を設置するかが決まるので、間違いの許されない作業です。墨出しはもともとは、墨と糸を使って建築現場の梁や柱に印をつける作業で、コンクリートに墨出しをする場合には墨の代わりにチョークを使用することもありました。現在では、墨の代わりにレーザを使用するレーザ墨出し器で作業するのが主流です。電気工事における墨出し作業は、配管や屋内の配線、照明器具や分電盤の位置などを図面どおりに配置するために行います。墨出し器を使用しないで、天井面などから寸法を測って位置を決められますが、規模の大きな建物などでは非常に時間が必要になります。レーザ墨出し器を使うことで、スムーズで正確な作業が可能です。レーザー墨出し器はたち墨、ろく墨と呼ばれる縦ラインや水平ラインなどをレーザー光線により示すことかできます。
【レーザー墨出し器の仕組み】
レーザー墨出し器の原理はジンバル機構を利用していて、地球の中心に向かって引き寄せられていますが、その力を利用して糸の先におもりを付けて、手を持ち上げると糸は垂直方向にピンと張ります。それが正確な縦線で、大工工事など正確な垂直をとる場合にはそうやって位置を決めて、水平はその線に三角定規を使い直角に水平を出します。レーザー墨だし器はその性質を利用していて、重りを垂らして、先端にある反射板にレーザーを当てて垂直、水平を出します。普通の電球の光は放射状に広がるので、懐中電灯などは数メートル先ではかなり大きな部分を照射するのに対しレーザー光は光源から収束した光を発し数キロ先でも光が広がらない性質があるので、レーザー光を使用しているといえます。

このアーカイブについて

このページには、2017年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。