人生で最初に使うおくるみについて

| コメント(0) | トラックバック(0)

出産して病院から退院する時におくるみは無くてはならないものです。

おくるみは、赤ちゃんを優しく包む幸せの象徴とも言えます。

最初に使うおくるみは、触り心地や使い心地を考えて選びたいものです。

私も出産して退院する時に、おくるみを使いました。

また私の子供は秋生まれでしたので、色々な場面でおくるみが重宝しました。

少し肌寒くなってくる季節でしたので、子供を優しく包むおくるみは大変便利でした。

おくるみを購入する時に何を基準に選んだかと言いますと、まず肌触りです。

赤ちゃんを包むものですから、優しい肌触りで肌に負担のかけないものと思って選びました。

おくるみにも色々な質感があるので、自分の好みに合わせて選ぶ事が出来ます、

サラッとしたものやしっとりとしたもの、色々な好みがあるので選ぶのも楽しいものです。

また、色やデザインにもこだわりたいものです。

私は赤ちゃんの性別を聞いていなかったので、黄色のおくるみを選びました。

黄色は好きな色ですし、男の子でも女の子でも大丈夫かな、と考えての事です。

またデザインは割と落ち着いたデザインのものを選びました。

もちろん可愛いものも魅力的だったのですが、自分が子供を抱っこする時の事も考えて選びました。

また子供が生まれてから、もう一枚おくるみを購入しました。

生まれた子供は娘でしたので、今度はピンクにしました。

どちらも娘に似合って、親バカながら可愛かったのを今でも覚えています。

可愛いおくるみは思い出に残るものではないかな、と思います。

オーストラリアのおくるみweegoamigo(ウィーゴアミーゴ)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sw-flhomes.com/mt/mt-tb.cgi/78

コメントする

このブログ記事について

このページは、mtsが2016年3月10日 10:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「眠れない夜の過ごし方」です。

次のブログ記事は「育児の必需品で思い出の品になったおくるみ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。